トピック

リトルサンニッパ!

現在たまプラーザ店では
オリンパス E-M1 Mark& M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO
のセットを期間限定で展示中!

Touch&Tryができるようご用意しております(^^)


../blogimage/ta/20170919_181742/20170919_181742_0.jpg




というわけで、レンズを中心に簡単なご紹介を。
まずはそのサイズ感から・・・



・・・って、これは一目瞭然ですね!

上はキヤノン EF 300mm F2.8L IS USM
下が今回お出ししているオリンパスセットでございます。

40-150mm F2.8は、35mm判(フルサイズ)換算で80-300mm F2.8相当になります。
そんなわけで、比較対象として同じ焦点距離・開放F値の通称「サンニッパ」を並べてみました。

フードの長さを考えても半分程度の大きさしかないですね。
こう並べてみると、あらためてマイクロフォーサーズシステムのコンパクトさを実感します・・・

ちなみに重さはというと、

E-M1 Mark& M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO
は合計で1,258グラム(ボディ=498g、レンズ=760g)

EF 300mm F2.8L IS USM
はレンズのみで2,350グラム

・・・となっております。やはり約半分、しかもボディ付きなのに!
デカイ・重いと言われる「サンニッパ」がここまで小さく軽くなるとは・・・
時代の流れというか、技術の進歩を感じます。


../blogimage/ta/20170919_181742/20170919_181742_2.jpg


../blogimage/ta/20170919_181742/20170919_181742_3.jpg




さて、300mmといっても、どんな画角?という方も中にはいらっしゃるかと思います。
そんなわけで画角の比較サンプルを撮ってみました!
(不躾な写真で恐れ入ります・・・)

上が50mm(M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 F2.8で撮影)
下が300mm(M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 F2.8で撮影)
です。

50mmというのは私たち人間の目の視野とほぼ等しいといわれている画角。
つまり普段上の画像のように見えているシーンで300mmを使うと、下の画像のように撮れる、というワケです。
真ん中のオシャレなクラシックカメラがアップで写せますね。
通常の望遠撮影であれば、ここまで寄れれば十分ですね!


また周りのボケも一層大きく、キレイになっています。
とろけるような大きなボケ味も大口径望遠レンズの魅力の一つですね!



../blogimage/ta/20170919_181742/20170919_181742_4.jpg




本当に簡単なインプレッションですが、いかがでしたでしょうか?

望遠撮影をもっと手軽に、もっと身軽に、もっと身近に!
そんな珠玉の一本、まさに「リトルサンニッパ」と呼ぶに相応しいレンズかと思います!

ちょっと触ってみようかなあ、と思われた方、
今なら店頭でご体験いただけます!
是非お気軽にお越し下さいませ(^^)

またカメラやレンズ選びで迷われている方、ご不明な点は何なりとお聞き下さい。
私どもの持てる知識を総動員して、ご相談に乗らせていただきます!

ご来店お待ちしております!



関連リンク:チャンプカメラ | オリンパス(OLYMPUS) M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO | デジタルカメラ,中古カメラ,レンズ,フィルムカメラの通販,買取,下取専門店|カメラのことならチャンプカメラ
Update:2時間前

チャンプカメラ

写真館カサブランカ

9月のトピック
«前の月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

トピック一覧

このトピックの商品

  • 各メーカーのレンズ取扱い